若白髪で悩んでいる中学生・高校生には白髪染めトリートメントがおすすめ!

若白髪で悩んでいるけれど「学校でヘアカラー禁止」されているから染められない・・・という学生さんは、ぜひ白髪染めトリートメントでコンプレックスを払拭してもらいたいと思います。

 

私は中学生の頃に白髪がポツポツと生え始めて、高校生の頃は結構な若白髪が生えていました。

でも、学校はもちろんヘアカラー禁止なので、通常の白髪染めカラーは茶髪になってしまうし染めることができません。

そのため、その頃はドラッグストアに黒染めが売っていなかったこともあり、美容室で嫌々黒染めしてもらっていました。

 

今は簡単に黒染め用カラー剤が買えるので、自宅・自分で染めることも可能です。

しかし、黒染めすると髪の毛が痛んでしまうので、今は白髪染めトリートメントを使うことをオススメします。

 

学生さんは「大人用の白髪染めカラー剤」を使えないので、今までは選択肢が「黒染め」しかありませんでした。

でも、今は「白髪だけが染まる白髪染めトリートメント」が手軽に入手できて、髪や頭皮にダメージを与えずに白髪だけを染めることができます。

 

白髪染めトリートメントには

  • シャンプーした後の濡れた髪に塗るから、お風呂に入っているときに染められる
  • 黒髪の脱色作用がないので、黒髪はそのままで白髪だけを染められる
  • 色ムラになる等の失敗がないから、美容室に通いたくない方にピッタリ
  • 肌についても簡単に色が取れる
  • 週1回の15分間で白髪が染まった状態を維持できる
  • 月々の費用は3,000円以下で、美容室に通うよりも安い

といった特徴があって、「わけあって自宅・自分で白髪だけを染めたい」という学生さんに最適な白髪染め用品なのです。

 

私が若い頃に白髪染めトリートメントがあれば「美容室で恥ずかしい思いをせずに済んだ」「黒髪がキレイなままで白髪を染められた」と、もっと開発されて使えていれば・・・と今は思います。

まぁでも、髪の毛の悩みがあって美容師になったので、便利な商品がある時代だったら別の職業になっていたかもしれないし、美容師は気に入っているので別にいいですが(笑)

 

PR:白髪染めトリートメントの総合サイトを作りました!

白髪染めトリートメント 比較

 

PR:若白髪にオススメなのは、無添加で安全に染める&茶色ではなくしっかり濃い黒色に仕上がる「利尻ヘアカラートリートメント」です。

白髪染めトリートメントの「黒色」で染めれば、白髪部分が茶髪になって学校バレすることもない

白髪染めトリートメントには「ブラック・ダークブラウン・ブラウン」など色がたくさんありますが、黒色で染めれば「あれ、髪の毛が茶色くなってない?」と学校の先生や他の生徒にバレることはありません。

光に当たっても茶色には見えないので、誰にも気付かれることなく若白髪だけを染めることができます。

ただし「黒色」以外の白髪染めトリートメントを使うと、染めた白髪部分が「室内では黒に見えても日光に当たると茶色に見える」ので気を付けましょう。

【決定版】若白髪対策にオススメの白髪染め|原因を減らして悩み解決

若白髪に中学生の頃から悩まされていて、髪の悩みがあったことで美容師になった私が「若白髪の原因・改善方法」について書きました。

白髪はストレスを受けると増えてしまうので、根本的な白髪対策も重要にはなりますが、まずは「白髪が生えていてストレスを感じてしまう状態」を作らないことが大事だと思っています。

「若白髪で悩むのはもう嫌だ…」という方は一読してもらえれば幸いです。

⇒若白髪の原因と改善方法を見てみる