若白髪は「暗い色」か「極端に明るい色」の中では目立たなくなる!

若白髪は

  • 暗い色に仕上がる白髪染めで染める
  • かなり明るい色に仕上がり通常のヘアカラーで染める

のどちらかにすると目立ちにくくなります。

 

若白髪を白髪染めで染めても、明るい仕上がりになる薬剤は「白髪を染める力が弱い」「すぐに色落ちして白髪部分が光って目立つ」のでオススメできません。

また、「白髪の量は少ないから普通のヘアカラーしよう」と思っても、暗い色で染めてしまうと「白い白髪が目立ってしまう」ので、これまたオススメできません。

 

真っ白な白髪を目立たせなくするには「木を隠すなら森のなか理論」を使って、白髪染め用品で暗く染めるか、ふつうのヘアカラーで極端に明るい色に染める必要があります。

よく街を歩いていると「染めた白髪の色が抜けて光っている人」をよく見かける

私が美容師をやっているから気付くのかもしれませんが、よく街で「白髪染めしたのに白髪が目立っている人」を見かけます。

恐らく明るい色で染めたから「白髪の染まりが悪くてすぐ光っちゃうんだろうなぁ」と思うのです。

 

髪質によっても色の抜けやすさ・白髪の光りやすさに違いはありますが、白髪を隠したいから白髪染めするのに明るい色で染めてしまうと本末転倒になってしまいます。

白髪が染まらなくていいなら普通のヘアカラーで十分ですし、適度に明るく白髪染めして白髪が目立つくらいなら「普通のヘアカラーでもっと明るく染めたほうが白髪が目立たなくなるのに」と思ったりします。

ただ美容室で染めているのに白髪がすぐに目立ってしまうというケースもあって、その場合は完全に美容師さんの薬剤選定ミスですね(汗)

一番簡単な若白髪を目立たせなくする方法

一番若白髪を目立たせなくできる方法は「黒・焦げ茶に染まる白髪染めトリートメント」で染めるものです。

 

白髪染めトリートメントは「黒髪は明るくせずに白髪だけを染められる用品」で、黒髪の中の白髪だけを染めることができます。

白髪を「黒 or 焦げ茶」に染めれば、すぐに色落ちすることもなく、手間なく若白髪を目立たなくさせられます。

 

市販の黒染めでも同じ結果にはなりますが、白髪染めトリートメントのほうが「髪や頭皮が痛まない・トリートメント効果で髪が潤う」とメリットがたくさんあります。

肌についてもすぐに取れるし、ネットで気軽に買えるし、1本あれば1ヶ月以上は持つし、アレルギー物質も一切入っていません。

 

白髪染めトリートメントには黒髪を明るくする成分は入っていないので、髪全体を明るくすることはできません。

けども、「若白髪が目立たなくなればそれでいいから、別に黒髪のままでいいんだけどなぁ」という方にはピッタリなんですよね。

ぜひ一度試してみてください、シャンプーした後に週1回10分程度置くだけで若白髪の悩みはなくなりますよー。

余談ですが、私は白髪の量がかなり多いので「明るく染まる白髪染めトリートメント」を使っています。

頭髪全体の2~3割の白髪がオレンジ色のブラウンになっていて、ある意味「染めている部分は分かるけどこれはこれでオシャレなスタイル」に仕上がっているかなと思います。

【決定版】若白髪対策にオススメの白髪染め|原因を減らして悩み解決

若白髪に中学生の頃から悩まされていて、髪の悩みがあったことで美容師になった私が「若白髪の原因・改善方法」について書きました。

白髪はストレスを受けると増えてしまうので、根本的な白髪対策も重要にはなりますが、まずは「白髪が生えていてストレスを感じてしまう状態」を作らないことが大事だと思っています。

「若白髪で悩むのはもう嫌だ…」という方は一読してもらえれば幸いです。

⇒若白髪の原因と改善方法を見てみる