「遺伝性の若白髪」は諦めて白髪染めしよう|高校の頃から頑張ったけど無理でした

若白髪の原因には「栄養不足・ストレス・遺伝」などが挙げられますが、この遺伝による白髪がくせもので…

正直、お父さんお母さんのどちらかが「若い頃から白髪がたくさん生えていた」のであれば若白髪から逃れることはできません。

「わたしの若白髪は遺伝性だから諦めて染めよう」と、改善の努力をするよりも白髪染めして悩み解決したほうがいいかと思います。

わたしは高校生の頃から白髪染めしていました。若白髪の改善に努めたけども無理でした。

わたしは中学生の頃から若白髪が生えていて、高校生になると恥ずかしい気持ちが一層強くなり、美容院で黒染めを繰り返していました。

白髪を染めれば次の白髪が伸びてくる1ヶ月ぐらいは悩まずに済むし、食事を見直してもすぐに白髪がなくなるとは思えなかったからです。

 

そうは言いながらも、「若白髪の原因ってなんだろう?髪の毛に栄養を送ったりストレスを減らせばまた黒髪に戻るのかな?」と、調べて分かったことを実践して白髪改善に向けて頑張っていました。

しかし、いくら努力しても白髪が黒髪になることはなく、若白髪は歳を重ねるごとに増えていくばかりでした。

 

それもそのはず、私の父親は若い頃から白髪が沢山生えていて、60代の今は半分以上が白髪なのです。

完全に遺伝性の若白髪なので、努力次第でどうこうすることはできない代物でした。

そんな若白髪の悩みがあって美容師になり、お客様の髪の悩みをへらすお手伝いをしてきたわけです。

遺伝性の若白髪は諦めが肝心です。白髪の悩みをなくすには都度染めるしかありません。

自分で若白髪を染めたり、原因を追究して改善の努力をしてきました。

しかし、やっぱり遺伝性の若白髪は「どうしようもない」と思うのです。

若白髪改善の努力を頑張りすぎると「あ~なんでサプリで栄養補給してるのに白髪が消えないの~(怒)」とストレスがたまる原因になり、そのストレスが若白髪を増やす原因に~と負の連鎖に陥ってしまいます(泣)

 

遺伝性の若白髪は諦めが肝心で、今すぐ悩みを解決できる方法は「白髪染め」です。

わたしは白髪染めトリートメントで「黒髪を脱色せずに白髪だけを染めている」ので、髪を痛ませずに白髪隠しができています。

 

わたしの若い頃は白髪染めトリートメントのような便利商品は売っていなかったので、いま遺伝性の若白髪に悩んでいるなら一度試してみてください。

自宅・自分で簡単に塗れるし、失敗もなく若白髪が染められますよー。

【決定版】若白髪対策にオススメの白髪染め|原因を減らして悩み解決

若白髪に中学生の頃から悩まされていて、髪の悩みがあったことで美容師になった私が「若白髪の原因・改善方法」について書きました。

白髪はストレスを受けると増えてしまうので、根本的な白髪対策も重要にはなりますが、まずは「白髪が生えていてストレスを感じてしまう状態」を作らないことが大事だと思っています。

「若白髪で悩むのはもう嫌だ…」という方は一読してもらえれば幸いです。

⇒若白髪の原因と改善方法を見てみる