若白髪の原因は栄養不足!タンパク質とミネラルを摂ることが白髪対策に!

若白髪の原因で一番大きいのは「遺伝」で、これはもうどうしようもない問題です。

しかし、次に大きな原因の「栄養不足」も、髪の毛の毛母細胞・色素を作るメラノサイトが機能しなくなってしまい、若白髪を引き起こす要因になります。

当ページでは「若白髪を改善するための栄養」についてお話ししていきます。

栄養は大事ですが、栄養補給したからといって劇的に若白髪が改善されることはまずありません。

白髪染めトリートメントなどで白髪を染めつつ、若白髪が根本解決されるように食生活に気を付けていきましょう。

若白髪が生えてくるのは「銅・鉄」といったミネラル不足が原因!

私たちの髪の毛はタンパク質で出来ていますが、若白髪は「メラニン色素を持たない白髪」なので、メラニンを作っている器官に必要な栄養素が重要になります。

黒髪のメラニン色素は、毛根の中にある毛母細胞の隣にある「メラノサイト(色素形成細胞)」という細胞によって作られています。

髪の毛を作るのが毛母細胞で、その隣のメラノサイトが「髪の毛の色」を作っているのです。

 

白髪が生えてくるのはこのメラノサイトが「なんらかの栄養で色素を作れなくなる」ためで、メラニン色素を作り出すためには「チロシン・銅」の2つが必要になっています。

 

チロシンは、タンパク質を構成しているアミノ酸の一種で、カラダの中で合成できるものです。

メラノサイトがチロシンから「メラニン色素を作る酵素チロシナーゼ」を合成するため、白髪対策には「チロシンのサプリを飲む」「タンパク質をしっかり摂る」ことが重要になります。

また、メラノサイトがメラニン色素を作る際には「銅」が必要になります。

 

ただし、銅は食事で十分賄えていることが多く、不足することがあまりありません。

そのため銅を摂るよりも、メラノサイトの機能を活性化させるための「鉄」をしっかり補給しましょう。

 

ちなみに鉄分の一種である「亜鉛」が不足してしまうと、体内でタンパク質の合成ができなくなってしまいます。

メラニン色素を作るためにはチロシンというタンパク質(アミノ酸)が重要ですから、亜鉛の補給も欠かせません。(体内でフェニルアラニンからチロシンを作れるので、亜鉛を摂っておけばチロシン不足を解消できる)

若白髪を改善するために「鉄・亜鉛・タンパク質」を摂ろう!

若白髪の原因には、

  • 鉄分が不足していてメラノサイトの機能が衰えている
  • タンパク質(チロシン)が足りずにメラニン色素を作れない
  • 亜鉛が足りないから体内でタンパク質(チロシン)を合成できない

の3つが大きく関係していて、栄養不足になると「毛母細胞の横にあるメラノサイトが色素(黒色)を作れない」ようになります。

ほかにも若白髪には「遺伝・ストレス」といった原因がありますが、一番努力で改善できるのが栄養補給です。

 

今すぐ栄養を摂って若白髪の悩み解決~とはいきませんが、白髪を染めつつ根本原因となっている栄養不足を改善していきましょう。

あなたの若白髪がなくなることを願っています(*’ω’*)

余談ですが、今若白髪で悩んでいる方も、白髪が全然生えていない方も、いずれは「同じ白髪頭」になります。

遅かれ早かれ違いはあっても、結局は加齢で細胞が衰えて白髪になってしまうので、あまり悩みすぎないでくださいね。(私も高校の頃から染めていて悩まされましたが・・)

白髪は染めていれば悩みではなくなります。

白髪染めトリートメントなら「黒髪はそのままで白髪だけをダメージなしで染められる」ので、頭皮や髪に負担をかけずに若白髪対策ができますよー。

【決定版】若白髪対策にオススメの白髪染め|原因を減らして悩み解決

若白髪に中学生の頃から悩まされていて、髪の悩みがあったことで美容師になった私が「若白髪の原因・改善方法」について書きました。

白髪はストレスを受けると増えてしまうので、根本的な白髪対策も重要にはなりますが、まずは「白髪が生えていてストレスを感じてしまう状態」を作らないことが大事だと思っています。

「若白髪で悩むのはもう嫌だ…」という方は一読してもらえれば幸いです。

⇒若白髪の原因と改善方法を見てみる